鼻のにきびはパックで予防する

鼻のにきびは、角栓が原因となりがちです。

鼻部分は、顔の部位の中でも脂の分泌が多くなっているので、毛穴に脂や汚れが溜まりやすくなっています。この状態で何もケアしないと、脂が酸化してにきびになりやすくなるのです。予防するためにも、パックを行って角栓を除去しておくとよいです。手で触った時にザラザラしているほど、角栓が大きくなっている時には、剥がすタイプのパックを行って除去をおこなってみるとよいでしょう。剥がすタイプのものは、強制的に角栓を除去することができるので、毛穴の汚れを簡単に取り除きたいときに最適です。

ただ、このタイプのものは肌に対しての刺激もあったり、角栓を取り除いた後の毛穴に汚れが溜まりやすくなるので、その後のケアに力を入れる必要があります。パックを使った後には、引き締め効果のある化粧水を使って毛穴を小さくするケアをしておきましょう。このケアを行っておくだけでも、徐々に毛穴の大きさを小さくできるようになり、にきび予防に効果的です。

また、それ程角栓が溜まっていないときには、泥や炭を含んでいるパックを行うことで、鼻のにきびを予防することができます。泥や炭には、汚れを吸着する効果があるので、角栓が溜まってしまった時に利用すれば無理なく汚れを取り除けるようになります。このケアを定期的に行っておけば、鼻部分ににきびができることもなくなり、見た目も黒ずみのない状態に変えていくことができるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *