にきびを予防する正しい洗顔方法

にきびの予防には正しい洗顔方法が効果的です。

1、まずは手をきれいに洗いましょう。手は見た目以上に汚れています。洗顔をするときに汚れが顔については肌荒れやにきびのもとです。2、化粧などをクレンジングで落とす。化粧やクリームなどは必ずクレンジング剤で浮き上がらせてから、保湿成分のあるコットンなどで優しく拭き取ります。保湿成分のないコットンや乾いたティッシュは肌を傷付けてしまいます。3、水もしくは人肌ぐらいのぬるま湯で、素洗いを優しく2から3回します。4、洗顔料を使って洗顔します。

洗顔料を手や泡立てネットなどでしっかり泡立ててから、おでこと目の周り、両頬と口周りへのせていき、指の腹で円を描くように優しく洗います。洗顔料を顔に直接つけてから泡立てるようなことはしないで下さい。肌荒れ予防の洗顔が逆効果になってしまいます。5、洗顔料を流していきます。この時シャワーなどで直接顔に強い水をあてて流すことはしないで下さい。両手で水もしくは人肌ぐらいのぬるま湯をすくい30回位顔全体にかけて泡をしっかり落とします。

その際、絶対に顔をこすってはいけません。髪の生え際やあごの下は洗顔料が残りやすい部分ですので念入りに流しましょう。6、清潔で柔らかいタオルで水気を取ります。優しく押し当てるように水気を取ります。この時もタオルで肌をこするように拭いてはいけません。7、最後はきれいに洗浄された肌を保湿成します。化粧水やクリーム等でしっかり保湿します。以上のことに気をつけてにきびを予防しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *