にきび予防には手先を清潔に保つ

小さなにきびができてしまった時に、ケアに気を付ければひどくなることなく解消することができます。

ケアの方法によって、にきび再発の予防にも効果的になるので、実践するとよいでしょう。まず、にきびができてしまった時には、指で触らないように気を付けましょう。指先には雑菌があるので、その状態でお肌を触ることで炎症が酷くなってしまうのです。どんなに手先を洗っていても、汚れを完璧に取り除くことはできないため、出来るだけお肌に触らないように気を付けましょう。

勿論、爪でひっかいてみたり、強い力でこすることは厳禁になっています。無理に触り続けると、跡が残ってしまうので、出来るだけそっとしておきましょう。にきびの悪化を予防するためには、外用薬を塗ると効果的です。外用薬は、一般のドラッグストアでも販売されているので、気軽に手に入れることが可能です。できるだけ状態を早く改善したいときには、薬を購入してみるとよいでしょう。

ただ、塗るときには、手を洗ってから塗るようにしましょう。指先をしっかりと洗ってからつけることで、薬を使った時の雑菌の繁殖を防止しやすくなってきます。特に、爪と皮膚の間には、雑菌や汚れが溜まりやすくなっているので、薬を塗る前にこの部分を洗っておくようにしましょう。にきび予防や悪化を防止するためには、手で触れないようにすることと、薬を使う時に手先を清潔にしておくことに気を付けてみるとよいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *