にきび予防には適切な洗顔

肌にポツリとできてしまうにきびはとても気になります。

完治したかに思えたところから悪化してしまうことあります。それらは洗顔が原因となっているケースが多く見られます。にきびには思春期と大人の2つに分けられます。中学年や高校生を中心に皮脂分泌の多い部分、特にTゾーンにできるものを思春期にきびと呼びます。これは洗顔の仕方を見直せば治る事もあります。それに対して20代以降にできる、皮脂分泌の少ない部分にできるものを大人にきびと呼びます。これは吹き出物とも呼ばれています。

吹き出物は洗顔だけを見直しても簡単に治るものではありません。しかしできてしまった吹き出物を悪化させないためには、清潔に保つことができる正しい洗顔が大切になります。さらに継続することによって新たにできるものを予防することもできます。思春期と大人では、できる原因が違うため、同じ洗顔料では治すつもりで使用しても悪化させてしまう場合もあります。

思春期と大人、それぞれにあった洗顔料を使うようにして治療と予防をしましょう。洗顔は必ず朝と晩の2回行います。不衛生な肌は悪化の原因となりますので、しっかり洗顔して汚れや余分なものを落とします。そうしておかないと化粧水や美容液が浸透しにくくなり乾燥してしまいます。しかし、予防のつもりで洗顔し過ぎてはいけません。洗顔し過ぎては肌に負担をかけてしまいますので、2回以上はしないようにしましょう。正しい洗顔でにきびを治し継続して予防しましょう。。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *