治りにくい大人にきびを予防するには

治りにくい大人にきびはにきびだけを治せば良いということではありません。

思春期に出来るにきびは余分な皮脂が原因で白い膿状のものが出来るのに対し、大人にきびは赤や黒くなってしまいます。年齢を重ねれば肌は荒れないと考えがちですが、年齢を重ねれば重ねる程、様々な肌トラブルに見舞われます。生活習慣の改善、アルコール、喫煙、ストレスなど毎日生活していれば体に負担が掛かってしまいます。体だけではなく心にも負担が掛かり肌の状態が悪くなり吹き出物になるのです。

ストレスを溜めないこと、しっかり自分自身に合ったスキンケアで本来ある素肌を自分自身で守っていきましょう。オイリー肌の方は保湿や潤い成分の入った乳液は付けず、さっぱりした化粧水だけでスキンケアは終わりと言う方はいませんか?吹き出物は乾燥からくるものもありますので、オイリー肌の方こそしっかり保湿をし肌を清潔に保つ必要があります。

また、吹き出物が広がらないようにするには肌の摩擦を極力抑えることがポイントです。クレンジング、洗顔など普段何気なくケアしている行為が自分自身で肌を傷つけてしまっているかもしれません。肌トラブルを予防するのは簡単です。自分の体を労ることを忘れなければ簡単な予防法です。忙しいからと自分のことを後回しにせず、体と心、健やかな肌を自分自身で作り上げていってはいかがでしょうか。ストレスフリーになることこそ、一番のにきび予防法になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *