ニキビの治療について

ニキビは一つでも顔に出来ていると大変気になるし、憂鬱になってしまうものです。

赤く腫れたり、痛みを伴ったり、一つでも出来ると大きなものだと大変目立って、それだけで泣きたい気持ちになったり、落ち込んだり、人前に出るのも恥ずかしくなったりします。大人になってからもニキビは出来てしまったりして、また、治っては出来たりを繰り返すようでは一つも出来ないようにするため治療に専念した方がいいかもしれません。

皮膚科に行くと塗り薬なり、飲み薬を処方してくれますが、出来たものを治す治療であって、もう出来ないようにするといったものではありません。一つも出来ないようにするためには原因を突き止め、根本的な改善が必要です。何も大金をかける必要はないと思われます。日々のスキンケアと規則正しい生活習慣や食生活、適度な運動、充分な睡眠や便秘ではないこと、などを踏まえた上でそれでもまだポツンポツンを繰り返してしまうなら、内側からの改善を目指しましょう。化粧品にもニキビ専門のスキンケアがありますが、肌に合っているなと思ったらしばらく続けてみて、内側からはサプリメントで補うようにしましょう。ニキビに効果的なビタミンとしてビタミンCやBがあります。サプリメントは健康食品です。

食生活では不完全な栄養素を補ってくれるものであり、ニキが出来てしまう肌の人はビタミンCやBが不足していることが考えられます。ドラッグストアで売っているようなそれほど高いものでなくても構わないので、一日に必要なビタミン成分量を調べてこれと思うサプリメントを買ってみて、毎日飲み続けてみると少し効果が現れてくると思われます。
大阪のニキビの皮膚科のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *