ニキビの治療の方法の違いとは

ニキビ治療では、外用薬を使うのが一般的です。

しかし、症例によっては選ぶべき方法は、一概にベストとは言えません。外用薬を使わない場合には、それぞれ特徴が違う治療法があります。ニキビを根本的に治したいという場合にはホルモン剤によるものが効果的です。ニキビの原因として皮脂の過剰分泌以外に男性ホルモン過剰分泌も原因となります。

男女ともに体内に男性ホルモンは存在します。男性ホルモンには、肌の柔軟性を失わせる角化細胞を増殖させる効果があり、角栓による毛穴詰まりを引き起こす性質があり、さらに皮脂の過剰分泌を促す性質も持っているため、詰まった毛穴に皮脂が溜まることで炎症を引き起こす原因となります。

そこで、男性ホルモンの働きを抑える作用がある女性ホルモン、もしくは、女性ホルモンに類似した働きのある成分をホルモン剤として投与するなどの方法があります。多くの医療機関で実施されている方法のケミカルピーリングは、毛穴に詰まった角栓や汚れ、古くなった角質層などを酸性の薬品を使って除去することで、新しく健康な皮膚を生成できる土壌を整える方法です。

この方法は、症状や目的によって細かく濃度を調節する必要があるため、医療機関で行うことが望ましいです。炎症を即座に止める効果があるものとして、局所注射は、特定の症状に効果を発揮する手法で、レーザー治療は、それぞれ異なる特徴があるレーザーを用いる方法で、レーザーの種類によって異なるレーザーを用いて治す方法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *