背中ニキビの治療の種類

背中ニキビができてしまうことがありますが、原因は睡眠不足やストレスなど様々です。

背中にできてしまうとなかなか自分で直接見ることができないので、鏡を見ながらケアを行なおうとしても十分に行えなかったり潰してしまったりすることがあります。そうすると背中ニキビを改善するのではなく、悪化させてしまうこともあるので治療は皮膚科やニキビ外来などで行うようにするとよいです。

背中ニキビの治療は外用薬の処方が一般的ですが、その他にもケミカルピーリングやイオン導入、ホルモン療法などを外用薬と併用して行われることもあります。ケミカルピーリングは背中ニキビの原因には角質が固くなってしまい角栓ができやすくなってしまったこともあげられるためフ、ルーツ酸などの薬液を用いて角質を溶かし、角栓ができにくいようにして肌の新陳代謝を促進してきれいな皮膚に改善していきます。イオン導入は皮脂の過剰分泌を防ぐ働きのあるビタミンCなどの美肌効果が期待できる成分を肌に浸透させると言うもので、イオン導入を行う前にケミカルピーリングを行ったあとに施されることが多いです。

ホルモンバランスの乱れが原因の場合にはホルモン療法が用いられます。男性ホルモンが優位になってしまうと皮脂の分泌や角栓の発生が多くなりニキビができやすい状態になります。そのため女性ホルモンに似ているとされるイソフラボンを利用してホルモンバランスの乱れを改善すると言うのがホルモン療法です。種類はいくつかありますが、医療機関で診断を受けて自分に合った方法で背中ニキビを治療することがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *