ハイヤーに転職を考えている方 - 転職先に困ったらハイヤー求人を探すことがおすすめ

ハイヤーに転職を考えている方

旅客運送業に興味があり転職を考えている方に、ハイヤーの仕事について記述してみたいと思います。ハイヤーは黒塗りの高級車で、一般人には縁遠いものの感じがして、仕事のイメージがわきにくいかもしれません。
転職サイトや雑誌でも募集は少ないですし、イメージがわかないと転職で応募しにくいでしょう。

ハイヤーの転職情報を選びました。

ハイヤーは‘お抱え運転手’のようなイメージで良いかもしれません。

昔はそれぞれの企業で運転手を雇っていましたが、人件費を削減するために直接運転手を雇うのではなくタクシー会社からアウトソーシングで運転手を契約したり、利用するたびに予約して来てもらったりすることが多いです。
お抱え運転手は専属契約という形になります。同じお客様と常に一緒に行動することになります。



朝の自宅迎えから会社に送ったり営業先をまわったり、夜は飲みに行くならお店へ送って、そして自宅に送ります。お客様の仕事関係からプライベートのことまで知ることになり、深い関係性を構築することになります。



お客様との相性がとても大切で、お客様が望んでいることや好み・志向を感じとって行動できるスキルが必要になります。


この仕事はお客様の要望通りに行動したり、丸一日行動を共にするために、拘束時間がとても長いものになります。


9時17時で仕事が終わることはまれで、朝迎えなら早朝から動きますし、夜飲みに行ってから家に送るなら深夜になります。拘束時間が長くても耐えられる体力と気力、うまく休憩を取れる器用さが必要です。